ホームページ

学生時代の僕は体を清潔にしていました。

毎日お風呂で体を洗って頭を洗って顔を洗って足を洗ってました。

朝シャンもしていました。

でも臭っていたみたいです。

 

かおる
かおる

ここからは僕が学生時代にニオイで悩んでいた頃の話です。

こうやって話すのは恥ずかしいけど。。

 

ニオイについて

人の印象は見た目や声、そしてニオイで決まることが多いです。

おしゃれをしたり筋トレしたりして見た目を磨いたりしますよね。

 

声も生まれつきの声質はありますが、ヴォイストレーニングをしたり発生練習をして声を磨くことが出来ます。

 

ではニオイは?

 

歯を磨いたり体を洗ったり頭を洗ったり、そして香水をつけたり。

 

でも見た目がちょっとばかり悪くても、声質がちょっとばかり悪くてもそれだけで大きな損をすることは無いと思います。

 

良ければ得をする方が多いですね。

 

ではニオイは?

 

ニオイは匂いとも臭いとも書きますね。

 

かっこいい男性や綺麗な女性は良い匂いがします。

僕は臭っていたみたいです。

僕の学生時代

僕は学生時代、自分の体のニオイに悩んでいました。

 

歯は毎日しっかり3回食後に磨いていたし、風呂では髪、顔、体はしっかり洗ってたし、

服は毎日洗濯したものを着ていました。

 

特に内臓や体のどこかに異常がある訳では無いのに。。

ニオイって気にすればするほど、そこから離れられなくなってきます。

オナラをした訳では無いのに何か温泉卵みたいな臭いがする感じです。

 

出ている訳では無いはずのガスを気にしていると、

何故かお腹の中がゴボゴボ言い始めて来ていました。

 

ガスが出ない様に軽くお尻を引き締めていたので直ぐに汗ばんできます。

 

力を抜くとガスが漏れそうな感じです。

※分かる人は分かる感覚です(汗)

 

常にニオイを気にしていました。

気になっていた自分のニオイ

自分のニオイって中々気づかないと思います。

 

オナラをした時とか足がムレたときは「臭っ!」って分かるけど、

何もない通常時はそうそう自分のニオイは分からないと思います。

 

少なくとも僕自身は分かりません。

だから自分がどう思われているのか分かりませんでした。

あの日までは。。

 

でも何となく臭ってるのかなと感じることがありました。

 

そういう時は焦りました。

いや、気まずくなりました。

 

でも聞く訳にもいかないので、正直相当悩んでました。

 

「僕ってクサい?」なんて聞けませんでした。

 

今なら冗談で聞ける内容でも僕が学生の時は、そんなノリで聞けるタイプではありませんでした。

 

僕は真面目くんタイプだったのでそんな事は聞けませんでした。。

ニオイにはニオイで?

清潔なイメージって石鹸とか洗剤の良い匂いがするイメージがしました。

 

少なくとも石鹸の匂いって大抵の人は好意的に感じるのではないか。

僕はそう思っていました。

そこで取った行動とは。

 

ティッシュに石鹸やボディーソープをつけて、それをポケットに忍ばせていました。

 

無理やり石鹸のニオイをつけていました。

面倒だし何か情けなかったです。。

 

かおる
かおる

でも当時はそんな方法しか思いつかなかったんだよね。

そしてついに。。。

今まで何年も「自分は臭いのか?」という悩みと、「単なる気にし過ぎなのか」という希望を持ち続けていました。

そしてとうとうこの日が来ました。

 

学校の教室で何人かのグループで話をしていたときに、

ある男子生徒Aにいきなり「かおるって臭いよね」、と。

 

そのグループの中には女性もいました。

 

しばらくみんな無言になりました。

 

 

男子生徒Aは何の気も無しに言った言葉でしたが、こちらとしては恥ずかしいし腹立つし、

周りの人たちも気まずい感じになっていました。

 

何はともあれ一つの結論が出ました。

 

体臭決定。

 

気のせいかもという儚い期待は打ち砕かれました。

他の人よりも体を清潔にしている筈なのにその結果が「クサい」って。。

 

かおる
かおる

あの時のことは覚えています。

多分一生忘れないと思います。

席替えは重要なイベント

座席表

 

席替えは僕にとってもの凄く重要なイベントでした。

一番は黄色の席です。

二番は青色の席です。

三番は肌色の席です。

 

何故だか分かりますか?

 

一番後ろならガスが漏れてもバレにくいからです。

 

窓際なら窓を少し開ければ空気が循環するからです。

 

これは本気で考えていました。

 

逆に言えばこれからの席に当たらなかった時は、ずっと苦しんでいました。

悩みはインターネットでこっそり解決できる時代

僕が学生の時は悩みを解決できる手段はありませんでした。

 

薬局に行って体臭や口臭に効果がありそうなものを探しても、

値段は高いしまだまだエチケット関係の市場は今ほど高くなかったと思います。

 

いくつかあっても雑誌の広告に載っているものが多かったので何となく怪しいイメージがしました。

※このブレスレットを付けたらモテ始めたとか、お金が入ってきたとかそういう写真の隣にある様な商品です(笑)

 

今ではインターネットで良い商品が簡単に安く手に入る様になりました。

 

ニオイを消すだけでなく、いい香りがするものとか

 

僕が学生の時のこういった商品に出会うことが出来ていれば、
ニオイに悩んでいた学生生活はもう少し青春に満ち溢れていたかもしれないと思います。

 

もしかしたら同じような悩みを持っている人もいるかもしれません。

そういった人の為に便利な商品の情報をまとめてみました。

 

悩みの原因が解決するきっかけになれば僕も嬉しいです。

 

かおる
かおる

ニオイから解放された時の喜びを味わって欲しいです。

 

飲むエチケットはこちらです

つけるエチケットはこちらです

体臭と口臭がトラウマだった僕 | ニオイの悩みをこれで解決!!